[コラム]フィギュアを高く売れるようにするコツで得するチャンス!かんたんに始められます!

売るなら少しでも高く売ろう!フィギュアを高く売れるコツ!

日々買取にお持ち込み頂くアイテムの中で多数を占めるのがおもちゃ。以前もおもちゃ買取査定のコツについてちょこっと書いたんですが「特にフィギュアについてまとめて欲しい!」というご要望も増えてきたようですので、今回はフィギュアの買取について小技をご紹介致します。

以前書かせて頂いたおもちゃ全般の高価買取テクニック記事はコチラ。

保管:すごく当たり前ですが、大事に扱うこと

フィギュアの、というかコレクションアイテム全般に言えることなんですが、飾ってナンボのコレクション系は状態命。なので、破損や欠品があると、大きなマイナス要因となります。破損のパターンで一番多いのが「ダボ折れ」。台座と接続する足裏の突起や、手足の接合部分に当たる凹凸ですね。ココ、頑丈そうに見えて意外と折れるんですよねー。

また、いろんなポーズを取らせるために交換用のハンドパーツや表情パーツなど、付属の部品が欠品してると相当惜しい。劇中のアレを再現するのに必須の部品が無い!とかメチャメチャ惜しいですよね。ちっちゃいパーツなのに、査定には大きく響いちゃいます。こういう悲しい事故を避けるためには…

  1. 使わないパーツは収納場所が必ずあるはずなので、箱にしまっておく
  2. 触る時は(特に髪の毛先パーツに注意して)水平なテーブル上で触る
  3. 飾る時は可動部分ではなく、胴体や足などの動きにくいところを両手2点で支えて持つ

要するに「普段から注意深く扱う」というコトですね。大切なコレクションだからこそ、出し入れやディスプレイの時は特に注意を払ってあげましょう。

保管:箱の有無が命運を分けます

フィギュアを飾った後に残るのは空き箱。部品も全部セットしたし、中には何も入ってない。これ邪魔じゃね?よし捨てよう!…はいちょっとストップ!! ストーップ! ちょっと待ちましょう、捨てるの一旦やめましょう! 高く売るなら、箱はやっぱ必須です。コレクション価値が下がる、というのも理由の一つですが、実際的にはコンディション維持が難しくなるからなんです。

どんなに希少なフィギュアでも、箱がないと査定額が基準の半額以下になってしまうことだってあります。これはイジワルしてるんじゃないんです。フィギュアの箱、特に内箱のアクリル(ブリスターと言います)は、本体・部品・装飾等のパーツを安全に輸送・保管するために作ってある、いわば専用のホルダーを兼ねています。毛先や細かいパーツを損傷させずに保持するには元箱が確実。次に手にするお客様のためにも、コンディション維持がしやすいアイテムが高く売れるということなんです。

内箱(ブリスター)。本体・替えパーツ・アクセサリーパーツ・装飾パーツを比較的安全にホールドする構造になっています。

じゃあブリスターさえあればOKなの?という話ですが、やっぱ外箱もあったほうがいいです。同じアニメの同じキャラでも、色々なメーカーから発売されていることもありますので、モノによっては識別が困難な製品もあります。同じキャラでも、メーカーによって価値が大きく違ったりしますので、メーカーが判るというのは重要です。

じゃあ箱がなかったらダメなのか?

「もう箱捨てちゃったよ!ダメじゃん!」とこの瞬間お嘆きのアナタに朗報です。箱なしのフィギュアも、保管方法次第で欠品を避けて、コンディションを出来る限り維持するコツだってあります。それは…

フィギュアごとに袋で小分けにする。たったこれだけです。袋はコンビニ袋でもスーパーのレジ袋でも、なんならウチのお店で買った時の袋だってOK!家に沢山ある!という方は市販のビニール袋など、大量に手に入るお安い袋で仕分けすると良いでしょう。

袋で仕分けることによって、パーツ類の紛失を避けることができますし、他のフィギュアとぶつかったり引っかかったりして破損する確率を低減できます。念入りな人はエアパッキン(プチプチシート)で包んだり、ちょっと工夫するだけで破損・欠品マイナスを更に避けられます。

担当ヒミツのテクニック

ここから先はおもちゃ担当者ならではの情報をご紹介。コンディションだけではない、コレクションアイテムの流通事情もちょっと絡んだネタです。

フィギュアって、実はけっこう流通量が少ないんですよね。特に人気のあるフィギュアは争奪戦の様相を呈することすらあります。そんな事情があるもんですから、市場での流通価格は定価を超えることもありますし、買取価格だって定価オーバーもザラにあります。

そういう事情で高騰を続けるフィギュアの価格…がストンと落ちる瞬間、それは「再販決定」の瞬間。メーカーさんが頑張って再生産を掛けて頂ける時ですね。最近は再販頻度も上がってきており、再再販・再々再販というゲシュタルト崩壊しそうな再販もありました。

メーカーさんが再販してくれると、市場に流通する数が増えますので、ゲットできる人の数も増えるんですが…その半面、取引価格は低下します。手に入れて満足した人=需要が相対的に減るので、市場価値も低下するというヤツです。再販決定がアナウンスされた時点から買取価格も低下して行きますので、再販が掛かったら早めに手放す決断もアリでしょう。

具体的にどういったアイテムが再販されやすいのかというのは…いろんな要因がありますが、人気のあるアイテム=定価以上で流通しているアイテムは再販の確率が高いですね。メーカーさんも商売の側面を必ずお持ちですので、既にリリースしたアイテムを出し直す時は「再販してもきちんと売れる商品」をメインに再販します。

定価以下で取引されている=市場に在庫の余りがある=再販確率は低い
定価~それ以上で取引されている=市場に在庫がない=需要があるので再販

再販する際は各メーカーのWebサイトで再販日・価格が告知されます。フィギュアの情報を扱うポータルサイトや、大手の通販サイトを定期的にウォッチしておくと、情報をキャッチしやすいでしょう。

何より「お店の推し」をチェックする!

ココ重要!と一番推しておきたいのが「売りに行くお店の推しを知っておく」ことですね。ホビー系リサイクルショップは、どんなお店でも「●●強化買取中!」みたいな、いま欲しいアイテムについて告知していますので、推しを把握して売ることで高額査定へと繋がります。

意外かもしれませんが「推し=最新アイテム」ではない事が多いです。何年か前の製品でも、長いこと高価買取リストに入っているアイテムだって沢山ありますよ。こういった情報をしっかりチェックするには、ショップのSNSアカウントや買取情報をフォローしておくこと!そういえば、当サイトの「お宝Times」なんかバッチリじゃないですか!これは見ておくしかないなー!

とまあ最後はウチの高価買取情報をガッツリ宣伝してシメさせて頂こうと思います。フィギュアのコレクション整理には、是非ともお宝買取団&マンガ倉庫をご活用下さい!